国内だと嫉妬まみれになるから海外SNSに逃亡した【SNS絵描きの苦悩】

結論から先に言うと「海外SNSだと嫉妬心が小さくなる」です。
嫉妬に苦しんでいる絵描きのみんな!海外のSNSに逃げるのも一つの手だぞ!英語がからっきしダメダメな私ですら登録はできたのだからイッテQ。



私はArtStationとDEVIANT ARTを使いましたが、絵柄のテイストもアーティストによってかなりバラけているから気がラクでした。

「それpixivでも同じやん」と思うやん?(急に関西弁)

続きを読む →

私に「絵のリハビリ」という言葉はもう不要になった話【絵描きの苦悩】

「お絵かきのリハビリです!」
という言葉について身に覚えのある絵描きの方は、今回のお話には共感できない部分がたくさんあるかもしれません。

結論をざっくりひとことで言うと、「”絵のリハビリ”という言葉に対するとらえ方が変わった」というだけのことです。

スタンス違いのひとを攻撃しようとか、これが絶対正しいとか、押しつける気はさらさらありません。

そのへんを踏まえつつ読んでいただけるとありがたいです。

続きを読む →

SNS絵描きの苦悩「描かないといけない症候群~画力低下への恐怖~」

結論から言うと、「それまできちんと練習を積み重ねてきたのなら、画力の低下はあなたが思っているほど起きたりはしない」ってことです。メンタルが弱っているときに描くから「ヘタになった」という錯覚をみずから起こしている。こういうときはジタバタせずに、ちょっとだけ休みましょう。

続きを読む →

SNS絵描きの苦悩「鉛筆写メランカーに負けた絵描き」

私はpixivのランキングに載ったことがありません。いつかは載りたいと思って画力を上げるべく努力しましたが、どうもこの努力はSNSにおいてはあまり大した効果を生まないみたいです。画力だけじゃなくて、プラスアルファの何かが必要。

その「プラスアルファ」も自分にとって手に入れる価値のあるものなのか。そんなふうに考えているうちに、ランキング入りのことがどうでもよくなりました。

今回のお話は私が7~8年くらい前にpixivで経験したことです。当時の自分の気持ちをできる限りなぞって文章に組み立てていますが、ところどころおかしな部分があるかもしれません。そのへんは大目に見てね。

続きを読む →