【メイキング】左右対称にするとちょっとだけ映える絵になる

もうすでに使い古されたテクニックかもしれませんが、絵描きとして復習をするという意味で紹介したいと思います。

左右対称を極めると飾り付きの枠を作ったり、模様を描くのに役立つので知っておいて損はないですよ。

まず、左向き(あるいは右向き)で右端までめいっぱい描きこんだイラストを用意します。

画像1

模様や複雑な形のケーブルや、触手みたいなものを組み合わせてRPGのモンスターみたいな感じにしました。

画像2

Photoshopで横に長いキャンバスを用意します。

画像3

イラストを複製します。

画像4

編集→変形→水平方向に反転を選びます。

画像5

移動ツールで左に寄せます。

画像6

切り抜きツールでちょうどいいサイズにしました。
これで完成です。

画像7

これはすこしだけアレンジしたものです。
モノクロではちょっとさみしいなと思う方は、一番上にレイヤーを作って好きな色で描画した後、レイヤーモードを「ソフトライト」や「オーバーレイ」などで重ねるといいですよ。
このメイキングに使用したイラストは2013年ごろの作品です。

ここからは私がこれまでに描いた左右対称イラストの一例です。

画像8

2013年に描いたクロッキーです。このイラストを左右対称にすると…。

画像9

こうなります。

画像10

2006年に描いたイラストです。古いな…。

画像11

2008年にアレンジしたものがこちらです。フィルター多用しているのでどういう経緯でこうなったかちょっと思い出せません。ごめんなさい。

画像12

2013年の作品。ラスボスっぽい感じにしようと思ってせっせと細かく描いていました。描きこみで没頭できる時間は好きです。

画像13

フルカラーにしてみました。

画像14

左右対称アレンジしたものがこちらです。pixivで公開しています。

画像15

これは左右対称にしたものを複製して上下反転させてくっつけたものです。
いろいろ試してみると変化がわかるので結構おもしろいですよ。

今回のメイキングが少しでもお絵かきをする上でお役に立てたらうれしいです。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました!