フィギュアネタが尽きない件について

ちょっと遅いけど先週のグランプリシリーズ開幕戦スケートアメリカの感想。
てか、もう土曜日にはカナダ大会とか早いねえ。

真央ちゃんはまだ本調子じゃないみたいだけど熱烈に応援してます。
今回はショートとフリーで同じ曲のアレンジ違いを演じましたね。
振り付けの終わりと始まりでストーリーが繋がっていることを魅せるという点がもうたまらん。
年々芸術的な要素に磨きがかかっているのでこれからが楽しみです。
ところでこの同じ曲を使うパターンどこかで見た気が。

同じ曲…アレンジ…アニメ…うっ、頭がッ。

今回の女子シングルスでは二位に入ったアメリカのマライア・ベルという若手の選手が一番良い演技していたかなあと思います。
元々出場する予定だった選手の控えだったとは思えないくらい伸び伸びと滑っていましたね。
近い将来、アメリカを代表するトップスケーターになるかも。
あと、この大会でリプニツカヤが欠場だったのはちょっと残念でした。

男子は宇野君が優勝したけど、あんなに頑張ってパーフェクトに近い演技しても300点台に届かないってどういうことなの…。
三連続ジャンプ決めていたらいけたのかなあ~。
四回転フリップが決まってもまだまだ超えるべき壁があるってことか~。
前にも書いたかもしれないけど、私は彼のクリムキンイーグルがとても気に入っています。
もう本当に去年あたりから異次元の戦いに突入してますね、男子シングルス。
リンク上で転倒したらEXフォースが飛び散ってもおかしくないレベル。

アメリカの選手だとアダム・リッポンとジェイソン・ブラウンに注目しています。
アダム・リッポンは去年の紫ヘアーにはびっくりしたよ。
下町のファンキーなマダムを彷彿とさせるものがあったぞ。
今年はオサレ刈り上げになっててまたイメージが変わったね。
私は数年前の金髪くるくるヘアが好きだったんだけどな…。
アダム・リッポンもジェイソン・ブラウンも表現力が豊かで素敵です。
あと笑顔が少年みたいでカワイイ。

試合とは関係ないけどフィギュアスケートの解説は織田信成さんが今のところ一番わかりやすくて好きです。
どこかの元・フィギュアスケーターみたいに主観と感情と贔屓が入らないからね。
誰とは言わないけどね、ふふふ。