ラクガキやスケッチを溜めこんでしまうのは2ハウスにある月蠍のせいかもしれない

4~5年くらい前に描いたユリオのらくがき。
まだこのブログには載せていない…はず。

ユリオはやっぱりいいですね~。
金髪だし生意気だけどド根性アスリート魂もってるし、負けず嫌いなのを全開にしていても憎めない可愛らしさがあると思います。
逆境とかド貧乏スタートのキャラクターは、ついつい無意識レベルで追いかけてしまう悲しいサガ。
ついでになぜか贔屓しちゃう。なんか…庇護欲をくすぐられるというか、そんな感じ。

自分の境遇と重ねてしまうところがあるからでしょうね。
状況がまったく一緒じゃなくても、貧しさ厳しさ辛さ弱さ、そういったものをとことん噛みしめながら生きることを知っているからこそ、二次元の設定でも感情移入できるのでしょう。

続きを読む →

【二次創作】グラブルのミニゴブちゃん

画像1

グランブルーファンタジーのミニゴブちゃんです。
原作だともう少しほんわか癒し系な感じなんだけど、私が描くと寝不足みたいなカオになってしまう。むむむ。

もう少し、幼い子を可愛らしく描けるようになるのが課題のひとつかもしれないです。


ここまでお読みいただき、ありがとうございました。

グラブルのらくがき

グラブル熱があったころに描いたらくがきです。
現在はゲームをお休みしていますが、23万個くらい貯めた宝晶石全部使いきれば良かったかな、と今更ながら思います。

なんか、グラブルってガチャの引き時がよくわからなかったです。
毎月のように新キャラや召喚石が出るから、「今引いてもまた次に登場するキャラクターが強いなら待ったほうがいいのかな」とか考えているうちに宝晶石が貯まるというループを繰り返していました。

個人的に助かったのは、キャラが一度来れば(武器はともかく)あとは鍛えるだけで良いという部分です。ゲームによっては何度か同じキャラを引かないと、能力が限界まで育たないとかいうシステムだったりしますから。

続きを読む →

刀剣乱舞のらくがき

4年くらい前に描いた刀剣乱舞のらくがきに色をつけてみました。
今回の主役は鶴丸です。

私はせっせと内番で鶴丸のステータス上げていましたが、後になってランクレベルアップしたらリセットされることを知ってものすごく凹みました。
こういうのは先に言ってほしいね。なあ、こんのすけよ。

続きを読む →

耳鳥斎という江戸時代のゆるカワ絵師の模写

名称未設定-37_1

画像がちょっと薄いかもしれませんが、耳鳥斎(にちょうさい)という江戸時代に活躍された絵師の模写です。アナログで筆ペンを使って描きました。

この人の名前をGoogle画像検索に入れると現代でも人気が出そうなゆるくて可愛い絵が出てきます。江戸時代といえば浮世絵みたいなタッチが主流ですが、その陰に隠れてこんなにほのぼのとした絵を描かれる方もいたことに驚きました。新聞の四コマあたりで連載されていても違和感がない。

日本では葛飾北斎と伊藤若冲の展覧会がいつでも大人気ですが、耳鳥斎のような良い意味でギャップを与えるような絵師も大きく注目されたらいいのになあと思います。

今日は短めですが、ここまでお読みいただきありがとうございました!