「相棒 XDAY」観てきたよ

「相棒 XDAY」

映画観てきました。

あの伊丹君がスピンオフで主役張るなんて…。
米沢さんの時もびっくりしたけど、よりによって特命係のライバルをメインに抜擢するとは。
捜査一課のトリオはいつも程よくドラマにコメディ要素を落としてくれるので好きです。
伊丹君は亀山君がいた頃の掛け合いが面白かった。
嫌味をよく言うけどなんだか憎めない人。
最近の協力的なところもある一課もいいんだけど、やっぱり特命係との殺伐とした関係が一番だね。

で、肝心の映画の内容! ネタバレあるので一応記事はたたんでおく。

正直、話がむずかしくて私にはよくわからんかった。
途中でちょっとねむくなっちゃったし…。
いい奴と悪い奴の区別をつけるので精一杯だったよ。
金融関係の人たちが悪いことしているからとっ捕まえなきゃ、っていう。
でもあのメガネ狸曰く、その人たちの悪さが公になるとマズイから殺人犯だけ追っかけろ、と。
本当の黒幕は捕まえられない、っていうパターンは相棒シリーズではたびたび見かけるね。
犯人の身元と動機のインパクトが薄いせいか、あまり印象に残らない殺人犯だったなあ。
私が金融関係の話についていけなかっただけってのもあるけどね!

伊丹君と岩月君の漫才…じゃなくて、会話のキャッチボールはなかなかセンスが光っていて笑った。
特に伊丹君…小学生か!ってツッコミたくなるくらい子どもじみてた。
しかし、あの負けず嫌いっぷりはなんだかかえって愛でたくなるものがある。
あと、彼のアナログ人間なところに好感がもてた。
岩月へのあの態度、すごくよくわかるよ…。
専門用語とか交えてしゃべる人見るとエイリアンと遭遇した気分になるわ。
「三行で頼む」、って複雑な話を短くまとめてもらうことを表すネットスラングが昔流行ったけど、
まさにそれに近いことが映画で再現されていたな!(笑)。
今回は主役という晴れ舞台にもかかわらず、捜査一課の宿命なのか、
一番おいしいところは岩月にもっていかれた感じがします。

事件の概要についてはちょっと理解しにくかったけど、 登場人物同士の会話や連携プレーは笑いあり、格好よさありで飽きずに楽しめました。
ストーリー云々よりも主役のもつエネルギーがどこまで観る人を最後まで引っ張っていけるかがよくわかる映画だったと思う。
伊丹君の「口は悪いけど正義感が強くて熱い男」という人物像を掘り下げるとこんなに 人間味あふれる良いキャラクターなのか、と。
話が進めば進むほどその面白さにハマった。
そのおかげでなんとか眠気を吹き飛ばすことができた感じ。
捜査一課が主役の話ならドラマスペシャルでも観てみたいな。

次映画やるとしたらカイト君も参戦するのかなあ。
「相棒 劇場版Ⅲ」の制作はまだかッ。