ネイタル擬人化のラフ(2回目)、色は相変わらずまだない

火星が武器持ってない版

火星が武器持ってる版

まあまあいいかんじ。
身長差とかパッと見た感じのデザインの映え具合を確かめたかった。
デザインは9割これでいく予定。



それにしても髪の毛がロングの子が多いな!(笑)
いま確認してて気づいたよ。

なんとなーく髪型は男女ともにくせ毛にしがちだから、いちおうストレート組とパーマ組で分けたのに長さのことなんも考えてなかった。

天体とサビアンのイメージをデザインに落とし込んでいる確率が高め。

サインの性質は正直あんまりがっつり取り入れられなかったのだ(力不足)。

月と土星以外はパッと見ても何のサインかわからないと思う。

月と土星の二人は髪の毛の先に蠍の尾っぽを模した飾りをつけているから、まあ、よく見たら「あ、こいつサイン蠍か」ってな具合で気づくかもしれない。

太陽はサビアンのイメージの方が強い。

乙女座19度「水泳競争」ってことで水泳選手みたいなデザインにした。

自分の太陽星座のサビアンシンボルがこれだと知った時の衝撃はすさまじかったね。

超どんぴしゃ、しっくり、ばっちり、ぴったり、ビッタビタのゴン攻めもいいところ。

私そのものの本質をずばり突いているとしか思えなかったよ。

「ライバルの存在が成長につながる」「無意識・深層心理の働きに興味を持つ」とかね。

自分の人生を振り返ってみても、このへんは今に至るまでずっと深く影響していると思う。

18度の「ヴィジャ盤」もいちおう調べてみたけど、やっぱり1度プラスして読むほうが合ってる。

というか、そもそもサビアンは1度出して読むのがメジャーなんだけどさ。

サイン乙女座だからもう少し知的でおとなしそうな風貌でもよかったんだけど、やっぱり「水泳競争」に引っ張られて爽やかスポーツマンのイメージは外せなかった。

太陽が「自分」自身をあらわすっていうし、私も水泳10年習ってたし(?)いいやろってことで。

あと、これは創作だから自分の好みをふんだんに入れると決めて自由に描きました。

天体ごとのデザインやらなんやらに関する語りはまた別の記事でやります。

今回はこのへんで。



ここまでお読みいただき、ありがとうございました。