リニューアル後のモモウメについて私が思うこと

※この記事では、「炎上」の定義を「公式コンテンツで低評価と批判・苦情の嵐が起きた」ということで話を進めていきます。

制作会社が変わった後のショートアニメ、「モモウメ」について正直に、素直に思ったことを私なりに吐き出したいと思ったのでつらつらと書いていきます。

リニューアル後はちょっと残念な方向に傾いてしまって、なんともいえない気持ちになっています。

私とモモウメの出会いは、YouTubeのオススメでOLのアニメキャラがサムネイルにいるなあと思い、なんとなく気になってクリックしたのがキッカケでした。

最初に見たのは「給湯室がマウントの取り合いで凄いことになっていた件」でした。

例のマウント姉さんが輝いている回ですね。



テンポのよさと共感させる数々のネタ、いい意味で親近感の湧く声、モモちゃんとウメさんの掛け合いに惹かれてしまい、即座にとりこになってしまいました。

チャンネル登録した後はもう鬼のような勢いで他の動画も見て、高評価ボタンを押して、たまにコメント残して…気がついたら更新日を楽しみにする毎日。

そしてお気に入りはリピート再生する、と。

「もっと見たい!何回でも見たい!」という気持ちにさせる凄まじいパワーがモモウメにはあったのです。

まさか一年後にはこのような事態、つまり炎上騒ぎに発展するとは思いもよらなかった。



以下、私なりにリニューアル後のモモウメから気づいたことなどを語ります。


ファニムビの代わりはいない(結論)

ナミちゃんとミーコさん。


モモウメが炎上したときに、燃えさかる炎の中からひとつの真実を知ることができました。

ファニムビという会社の中道一将監督と、制作に携わってくれたスタッフさんの力があってこそのモモウメだったのだと。

YouTubeのコメント欄に情報を書いてくれた方々には感謝しかないです。

個人的には、この事件がなかったら一生ファニムビを知ることがなかった可能性を考えると、炎上ひとつとっても必ずしもマイナスだらけとは限らないなと感じています。

精神世界の話になるとよく「本当に大切なものは目に見えない」といいます。

今回の件で言えばこれにプラスして、「本当に大切なものが姿をあらわすまでには時間がかかる」ともいえますね。

リニューアル前のモモウメのファンの方は、YouTubeの「みっちーのアニメ」というチャンネルに行ってみてください。

ファニムビさんと中道監督で作ったアニメはどのシリーズも面白いです。
繰り返し見てしまう中毒性があるのです。

そして静止画でも人を笑わせることができるというとんでもない才能がそこにはあります。

「カシュ―と種ちゃん」はサムネ変更前の絵はマジで一瞬、何が描かれているのかわからなかったからね。

おかげさまで視聴した後のギャップがエライことに。

会話劇でこんなに笑えることってある?


愛と笑いと癒し、そして新しい視点を授けてくれる動画をこれからも作っていってほしいなと。

ファニムビさんが視聴者を励ましたり応援してくれていたように、私も陰ながら彼らを応援したいと思うのであります。

リニューアル後のモモウメがまさかの〇〇続き

実はリニューアル前から嫌な予感はしていました。

学園編のPV動画を見た頃からでしょうか。
急に音楽のテイストが変わったなと。
それまで山手線のどこの駅でも馴染みそうなものだったのが、秋葉原に的を絞って来たなといった感じでしょうか(わかりにくくてすみません)。

プロの声優さんの起用は学園編だけならよかったのですが、まさかOL編もやるとは予想外すぎてついていけませんでした。

声優さんは一生懸命演技をしてくださっているのだけれど、見ている私としてはそれがかえってすごく罪悪感を増幅させるんですよね。

なんというか、素敵な方々がどうして批判の矢面に立たされているんだろうと。

コメント欄では「声優さんは悪くない」と擁護している声もあったのでほっとしましたが、モヤモヤした気持ちは解消されませんでした。

そして今までに見たことのない低評価の数。

これ、本当に驚きましたよ。
毎回高評価が当たり前のモモウメでまさか低評価1万オーバーが続くなんて。

それに加えて更新のたびにコメント欄が燃えているのです。

私はリニューアル一発目の学園編、実はまともに見ていません。

先にOL編を見てしまって作風の変わりっぷりに落胆したため、さかのぼって学園編を見る気力が起きなかったのです。

とりあえずミュートにして絵とセリフだけでも楽しもうとしたのですが、これがまったく面白くない。

ショートアニメなのに退屈さの方が上回るって、視聴しているあいだだけ時空がゆがんでいるのかと思っちゃうよ。

監督・脚本家の人が変わるだけでこんなに違いが出るのかと。

まあ普段、自分が好きで見ているドラマやアニメだって「この話はいつもと違うぞ?」と感じる時は、たいてい好みの脚本家ではなかったりしますからね。

OL編の二作目はアップロードしてから10日くらいで削除されました。

内容に不適切な表現があったことが原因です。

かなり大まかにいうと、特定の職業に携わる人を否定したり、視聴者を馬鹿にするようなものだったそうで。

副業で大金持ちになりたいと言うモモちゃん→漁業の人を舐めるような発言→「この職業(OL)にスキルいります?」とモモちゃんが発言→ウメさん「それは言っちゃだめw」→二人で笑って終わり

話の流れとしてはこんな感じでした。

副業で漁業をする流れからいろいろと本業の人の神経を逆なでするような発言が出て、しまいのラストでOLも敵に回したのはちょっとフォローのしようがないです。

私は動画を見る前にコメント欄でファンの反応と大体のあらすじを見てから視聴するのをやめたので、最初から最後まできちんと見たわけではありません(スイマセン)。

リニューアル後のOL編一発目を見ていろいろ受け入れられない部分があったので、かなり慎重になっていたんです。まあ、単なるビビりです。

この副業に関する動画もかなりの低評価がついて、コメントも7千件くらい寄せられていました。

たぶん、モモウメ史上最多だったのではないかな。

そのうちのほとんどが批判と落胆、怒りや悲しみに満ちたもので、中には漁業の人やOL職の人たちからの声もありましたね。

それにしてもOLの設定なのに、なぜOLを否定するような言葉をよりにもよってモモちゃんとウメさんに言わせたのか…。

そして社会人の人たちや、広くは世の中で各々の仕事やミッションに取り組む人たちを励ましたり元気づけてきた実績をなぜアッサリとぶち壊すようなマネをしたのか…。

公式がキャラクターの性格を崩壊させる時ってだいたい、「公式が考えたシナリオにムリヤリ合わせるため」だったりしますよね。

まさかモモウメみたいな可愛らしいデフォルメ調のアニメでもそれが起きるとは思わなんだ。


「〇〇」に気を使ってほしかった部分がどこだったか

リニューアル後からずっとこんなカオです。


私としては新体制の人たちが何をしたいのか、いったい全体サッパリわからないのです。

自分の中で起きた混乱を整理するためにも、モモウメを「リニューアル」するにあたって気を使ってほしかった部分を考えてみました。


個人的に気づいた問題点を挙げてみます。


まずは見た目の問題点。

・バナーが古いまま(せめてリニューアルの文字を入れるか「新モモウメ」などのタイトルを追加して以前とは変わったことをアピールしてほしい
・サムネのデザインがリニューアル後だということがわかりにくい
・アイコンも古いまま

リニューアルといいつつ絵以外はほとんど変わっていないせいで、一見すると以前と変わらないように見えてしまうからややこしい。


絵柄を残してくれているのは嬉しいんだけど、それ以上に中身の問題点がけっこう深刻です。

本編に関しては、個人的に「リニューアル前の動画と比べて、視聴者が見ても以前と変わらない作風を維持」してもらえたらなあと思ったのです、が。

この「作風」の維持がモモウメに限って言えば高難度のミッションに相当したんです。

前監督である中道さんの脚本のセンスが、簡単にマネできないものだったのです。

私はこのセンスを新体制に求めるのは間違っていたのだと気づきました。

それから、彼のチャンネルにアップされた数々の動画からもっと大事なことを見つけたのです。

それは「見ている人たちへ向けられた愛」です。

ファニムビさんや中道さんの作る作品には「世の中で頑張っている人達を応援する」という思いが根っこにあります。

早口で何かを喋らせたり、仕事への不満や愚痴をこぼしたり、突飛な妄想話を繰り広げたりすればモモウメになると思われがちかもしれませんが、実はあの短い時間の中に視聴者のハートをつかむ仕掛けがいくつもちりばめられているのです。

いろいろな角度からものごとを見て、日常にほんの少しだけ新しい視点を与えてみることを、リニューアル前のモモウメでは笑いや音楽を交えながら教えてくれていました。

話の流れ、随所に出てくるパワーワードからちょっとしたリアクション用のSEの使い方まで、本当に細かいところまで気を使って表現しています。

辛いときに慰められる人が多かったのも、動画から「どんなに大変でも自分一人だけじゃないんだ」「こういう考え方やとらえ方もあるんだな」という前向きな感じを受け取るからだと思います。

ほんのわずかでも、自分へ向けられた「愛」や「温かさ」みたいなものがあると嬉しいじゃないですか。

そうじゃなくても、モモウメの二人が仲良くオフィスで喋っているだけで癒されたりするじゃないですか。

リニューアル後の新モモウメもシンプルに「愛を持って 、世の中で頑張っている人達を応援する 」という軸をしっかり離さなければ、この先も新しいファンを獲得できるかもしれません。

ショートアニメの引継ぎ成功例といえば

個人的に、監督・脚本が変わっても長いこと続いているショートアニメの成功例というと「紙兎ロペ」が思い浮かびます(あれでも文句を言う人はいるかもしれないけど、私は許容範囲です)。

「紙兎ロペ」は原作者の監督から別の人にバトンタッチされても、声や脚本にそれほど大きな違和感がありませんでした。

声優でいったらアキラ先輩はボイスチェンジャーで変えた機械的な声をそのまま残し、ロペは原作者の監督のボイチェン後の声と似た人を起用しています。

引き継いだ脚本家の方も肝になる部分を丁寧に扱って、世界観やキャラクターを大きく崩すことなく大事にしているから未だに受け入れられているのでしょう。

この「肝になる部分」をモモウメでいったら絵以外だと、「脚本」と「リズム感(音楽の力ともいう)」なのではないかなと。

個人的には「声」もたしかに重要だとは思うのですが、リニューアル後の動画を見る限り、話の内容とテンポの悪さの方が引っかかるのです。

新しい体制に変わった後は、リニューアル前のモモウメの上澄みだけすくったような作りになっていました。

学園編もOL編も不評なところを見ると、視聴者と今の公式のあいだに相当大きな「感性のズレ」があることだけは確かです。

ファニムビが作り上げた型にムリヤリ新しい人をはめようとしても、あの型は独特だからきっぱり諦めたほうがいいと思います。

それよりも、モモウメを初期からずっと支え続けていたメンバーの一人であるプロデューサーが削除された例の動画をリリースする前に、なぜ問題の箇所に真っ先に気づいて指摘してあげられなかったのか、それが不思議でならないです。

私はモモウメの働く人に寄り添っているところが好きでした。
笑いと癒しと元気を届けてくれる稀有なアニメだなと。

新モモウメは年内いっぱいは不定期更新、来年からは定期更新をするということですが果たしてどうなるのでしょう。

(推測だけど)本当は終わる予定だったのでは?

ウメさんにもわからないことはある。


私はリニューアル前の「公式からのお知らせを」よく読んでみて気になったことがあります。

「一番大事なことは~(以下略)、モモウメを終わりにしないこと」みたいな言い回し。

疑り深い私としては「モモウメは元々終わる予定だったのかな?」というふうに深読みしちゃうのです。

もちろんただの推測ですが、今は大人の事情でプロジェクトが続いている、あるいは引き延ばす必要性があるように見えてしまう。

いずれにしても公式からのMAXアンサーこちらなので、今後は自分たちが作る新モモウメでファンに楽しんでもらおうという気持ちは変わらないということですね。

ファニムビさんの復帰はないということをハッキリ明言されたので、個人的にはスッキリしました。

いまさらだけど、リニューアルするお知らせを発表する際にこれまでお世話になっていたであろうファニムビさんや中道監督への感謝やねぎらいの言葉がひとつでもあれば、炎上騒ぎもここまで大きくならずに済んだかもしれない。



モモウメを終わらせない選択肢を取ったのはまあ、ひとまず飲み込むとします。

もうひとつ気になったのが、キュービックのサイト内のモモウメ制作チームのインタビューとプロデューサーのnote記事です。

「これじゃあファンとの間に溝ができてしまうだろうな」と感じてしまう部分が多々あります。


【モモウメのプロデューサーである内田さんのnote】

https://note.com/uchip/n/nd16d1ac2b3a5


【モモウメ制作チームのインタビュー(キュービック)】

https://cuebic.co.jp/interview/business04-momoume/



くわしくは触れませんが、う~ん。
ちょっとばかり野望が暴走しすぎている気がします。

それよりも、モモウメを一緒に作っていたであろうファニムビさんの名前やウェブサイトへのリンクが一切上がっていないのはとても残念でした。

下請け企業は基本的に表に出さないのが業界内の暗黙のルールなのかもしませんが、それにしても…ねえ。

制作会社変更にともなって、評価が一気にガタ落ちしたアニメがもう一度人気を復活させるケースは見たことがないので、これからどのような展開をするのか見届けたいと思います。

おわりに

好きだったものが変わり果ててしまった場面はこれまでの人生の中でたびたび目にしてきましたが、いくつになっても慣れませんね。

「リニューアル後のモモウメ」を今のまま同じチャンネル内でやっていくということは、過去作とずっと比較され続けるという修羅の道を選んだということで、これはかなり凄いチャレンジ精神だなと思います。

ファニムビが築き上げたものの評価や影響力は今後も続くでしょう。

モモウメ制作チームにとってモモウメの最終目標が国民的アニメ、もしくは国民的キャラクターになる、とのことなので(キュービックのインタビュー参照)、今まで以上に細心の注意を払ってモモウメに愛を吹きこんでもらいたい。

実写化のドラマが終わってからが本番です。

先日、YouTubeは今後低評価が非表示になると発表がありました。

新しいファンがつきやすくなる可能性もありますから、次回の更新では古くからのファンも、新しいファンも、みんなが楽しめる内容であってほしいです。

リニューアルのリニューアルを目指して頑張ってください。

さんざん辛辣なことを書いておいてなんですが、私はキュービックさんのおかげでモモウメとファニムビさんに出会えたことに感謝しているのです。



ここまでお読みいただき、ありがとうございました。